幸せなお金持ちになろう!

お金の考え方を追求して、より良い人生を構築するための有益情報を、発信しています。

【番外編】奨学金について

いつもありがとうございます。クラクニです。

 

学生の頃に借りた奨学金

 

f:id:clakuni:20200318232439j:plain

 

奨学金という名前なのに、「借金」なんですよね。

 

 いっそ、

 

学生ローンって名前に変えたらどうだろうか?

 

そんなことも知らずに、4年間。

 

当たり前のように口座に振り込まれていたお金。

 

それを、

 

当たり前のように、

何となく使っていた学生たちが多いという。

 

その返還(奨学金では返済することを返還と言っています)は、

 

最長20年。

 

毎月12万円ずつ振り込まれていたとして、

 

4年間で576万円。

 

高級車を購入したくらいの借金を背負い、社会人になっていく。

 

22歳で借りたら、返し終わるのが42歳なんですよね…

子供の学費を払いながら、自分も奨学金の返還をしている家族もいるのだろう。

 

奨学金を返せなくて自己破産をした人が、

過去5年間で延べ15,000人いるという。

(2018年2月12日 朝日新聞より)

 

借りた本人だけでなく、連帯保証人となった、

親や親せきにも、破産連鎖が広がっているという事実。

 

金融リテラシーを持った学生は少ない。

学生のうちに、親子でお金について話すことなど、あまりないのだろうか。

 

一人でも多くの子供たち、学生たちが、

お金のことについて学ぶ環境があれば、

奨学金破産は減らすことができるだろう。

 

お金のこと、

家計管理のことを、

 

友達同士で話せる環境が大事なような気がします。

 

せっかく借りた奨学金。有意義に使って身につけた、

知識と経験を自分のものにして、「よい借金」「生きた借金」にしてほしいものです。

 

では、また。

 

 

#よい借金 #奨学金破産 #生きた借金 #576万円 #金融リテラシー #家計管理