幸せなお金持ちになろう!

お金の考え方を追求して、より良い人生を構築するための有益情報を、発信しています。

株は怖がらなくていい。けれど…

いつもありがとうございます。 クラクニです。

このところ、新型コロナウィルスの影響で株が暴落していますね。

ひと月もかからないで、株価が20%以上、銘柄のよっては半分以下なるのですから。
まあ、「怖い」、「危険」と思うのも無理はないです。

でも株価は下げ続けることはありません。いずれ上がります。
上がらない株もありますが。(-.-)

日経平均株価については、今までの履歴を見ると、
このような急落の後は、しばらくすると必ず上がっています。
ここ30年でも、バブルの崩壊、ITバブル、リーマンショックなど、乱高下をしても、
先日までは、何とか上昇してきたわけですから。
今回だけが例外ということは考えにくいでしょう。

株価は会社の人気投票です。

人気のある株式は、財務状況があまりよくなくても、株価が上がることがあります。
一方、業績が堅調に推移していても、株価があまり上がらないことがあります。

株式投資で一番大事なことは、

余裕資金で運用をすることです。
(これを守れない人が多すぎるんです)

株につぎ込むお金は、今日無くなって、生活に直接影響がないお金です。

間違っても、子供の教育資金や、生活資金など、使うことが確実な資金から、株式などに
投資することはしないでくださいね。大変危険です。

でも、どうして株式投資をする人がいるのでしょうか。

株式投資には妙味があるからです。

話題になると、株価は2-3倍、10倍以上になることもありますからね。
それに、1年に1回もしくは2回に配当金がでる株式もあります。

また、株主優待といって、その会社の商品や、サービスについての優待券や商品券、また
は、クオカードや商品券などの金券ももらえる会社もあります。

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック)

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック)

  • 発売日: 2019/07/11
  • メディア: ムック

ただし、そんな株式優待だけを望んで株を買うのも一つの楽しみではありますが、
本来は株式投資で、保有していた資産の値段が変動することによって得られる収益を増やしていくこと
キャピタルゲインといいます)が第一の目的ではないでしょうか。

もちろん、配当を得ることによって収益を得るため(インカムゲインといいます)という方も数多くいらっしゃいます。

どちらの目的で株式投資を始めてもかまいませんが、どちらにしても、「株の勉強」はし
ていかなければなりません。

勉強するタイミングは、この暴落時の今がチャンスではないでしょうか。
ただし、焦って、適当に(?)株を買うことも危険です。

大雑把に言わせていただければ、一番やさしい株の本を購入して読む。
まずは、自分の知っている上場している会社、
しかも、業績のよさそうな会社の株を一つ購入することがおすすめです。

世界一やさしい 株の教科書 1年生

世界一やさしい 株の教科書 1年生

業績の良さそうなといってもよくわからない方は、
日々の生活の中で知っている名前の株を思い出してください。
例えば、トヨタ自動車。車は町にあふれていると思いますが、
トヨタ製のクルマは街中を走っていますよね。あとは、日々の買い物でも気づくでしょう。
スーパーやコンビニ、ドラッグストアや外食チェーンなどなど…。趣味でお世話になって
いる会社もありますよね。

一つ株を買うと、ただ、「ボ~ッ」とテレビや新聞を見ている自分が、
少しずつ意識が変化していくことを自覚してくるでしょう。

たとえば、自分の持っている株式会社がニュースやマスコミに取り上げられたりすると、
否応なく興味がいてくるはずです。
また、国内や海外の旅行に行ったあとに、自分の言った場所や国が取り上げられると
「ああ、ここに行ったよな」と思い、興味を持つことがあるでしょう。

株を持つメリットとして、
株式を持つと、経済にも敏感になるんです。

ぜひ、余裕資金で始めて見てはいかがでしょうか。

くれぐれも、調子に乗って買いすぎないように十分注意してください。
家計の破綻になりますよ。本当に…。

今後はたまにですが、株などの投資についても少しずつ書いていこうと思います。

今、お読みなっているあなたが、「幸せなお金持ちに」なるためにも必要な情報ではないかと思いますので。

では、また。