幸せなお金持ちになろう!

お金の考え方を追求して、より良い人生を構築するための有益情報を、発信しています。

見えるお金、見えないお金

いつもありがとうございます。 クラクニです。

お金には、「見えるお金」と「見えないお金」があることをご存知でしょうか
見えるお金
「見えるお金」というのは、財布に入っている貨幣、紙幣です。

これは、使えば減ることが分かりますよね。札入れに1万円札や、
千円札があって、ランチにいったり、買い物をするときにレジでお金を渡すと、
財布のお金は減るのが分かりますよね。

一方、「見えないお金」はクレジットカードや電子マネーなどです。
見えないお金
クレジットカードは、使っても自分でいくら使ったかを覚えていたり、
記録しないと、どれだけ使ったのかを確認できません。
1日数回ならばいいですが、それが毎日のように続くと、「はて?自分は今月いくら使ったのか?」
となります。
または、スマホでの決済や、電子マネーの場合は、金額は表示されますが、
今はオートチャージという便利な機能がありますね。
例えば残高が1,000円以下になれば、自動的に3,000円や5,000円が補充されます。
出所は、クレジットの利用になりますね。
さらにクレジットの決済をリボ払いなんかにしてしまうと、利息が高くて大変です。
(このリボ払いが、家計の破綻につながるのですが、それは別の機会に...)
毎日の利用をしていても、残高が減っても、
打ち出の小槌のように、使っても使っても、残金は1,000円以上となります。

毎月、クレジット会社から郵送で明細がきて、確認するときに、初めて、
「ああ、これだけ使ったのか」となるのです。
郵便物をみて、確認する人はまだいいのですが、
明細書の封を開けずにそのまま、テーブルやチラシと一緒に積んでいる人は、
実際にいくら使ったかは確認できぬまま。という方もいるでしょう。

まあ、それで、家計が破綻しない人はいいですが、あまりにも無意識に、
ついつい「見えないお金」を使っていると、一向にお金がたまらないどころか、
家計が赤字になってしまうことになるでしょう。

今、政府が普及を懸命にしている「見えないお金」の恐ろしさはここにあります。
見えないお金の利用により、様々な波及効果は見込まれる一方、
電子マネーで2%や5%還元と謳って購買意欲をあおっているこの風潮は、
ポイント獲得のために買い物をしている人たちによく似ています。

お得感を持たせて購買に誘導させる売り手の戦略は、功を奏しています。
でも、これを読んでいる人たちは、それに巻き込まれてはなりません。

前回も買いましたが、買う前に「Want」なのか「Need」なのかをよく考えてから、お金
を使うことが大切になります。

先日、横山光明さんの本を先日読んでいたら、
「1日に3回財布を開くのは開きすぎ」と認識したほうがいいと書いてありました。
自分の行動を確認するには、認識しやすいですね。

昼のランチと、帰りの買い物…。これですでに2回。3回目は、帰宅時にちょっと立ち寄っ
た駅ビルで見つけたスイーツでしょうか。商店街で、衝動的に買ってしまった洋服でしょ
うか。財布を開ける3回目は結構なターニングポイントですよね。とても、目安としては
いいのではないでしょうか。

人は、生涯2億円使うと言われています。その中の1日で使う金額は微々たるものですが、
毎日の積み重ねがどれだけの効果となるのかは、一度ご自身でも確認してみたらいかがで
しょうか。
毎日100円の倹約で、
1か月3,100円。
1年で36,500円。
2年で73,000円。
5年で182,500円。
10年で365,000円
毎日200円の倹約で・・・

ちりも積もれば山となりますよね。
お金が増える
この積み重ねと、投資信託などでレバレッジを効かせることで、
雪だるま式に資産は増えていきます。

逆に毎日100円のムダ遣いで行くと・・・(/ω\)

日々の積み重ね、積み立てがいかに大事かが分かると思います。

資産を増やすことは早期にできるものではないと思います。

毎日少しでも、貯める仕組を構築させさえすれば、
そのあとは何もせずにお金は貯まっていくものだと思います。

ぜひ、あなたも今日から少しずつでいいので、仕組つくりをしていきましょう。

では、また。