幸せなお金持ちになろう!

お金の考え方を追求して、より良い人生を構築するための有益情報を、発信しています。

お金が貯まらない理由5つ

いつもありがとうございます。

お金が貯まらない。
貯金ができない。
ついつい買い物をしてしまい、給料前が本当にきつい。
という人には、
5つの原因があります。

1. コンビニやスーパーで必要でないものを買ってしまう。

2. 財布からお金を出すことに抵抗がない。

3. お金をしまうところが複数ある。

4. 人づきあいがいい。

5. 貯める目標がない。

などが挙げられます。
一つずつ考えてみます。

1. コンビニやスーパーで必要のないものを買ってしまう。

この対処法は2つあります。
 コンビニに寄らない。
 会社などの通り道には、必ずと言っていいくらい、
 コンビニやスーパーがありますよね。
 特に、コンビニは、一度店に入ると何かしら買ってしまうようにできているんです。
 (スーパーもそうですが)
 コンビニも商売です。いかに目に付くところに、つい、買ってしまうものが、
 手の届くところに置いてあります。
 コンビニへは寄らない。あえて遠回りをするのがいいと思います。
 その分、歩けますし、ダイエットにもいいです。
 **レジに行く前か、並んでいるときに買い物かごを見る。
 ついつい買い物かごに入れてしまった商品を、
 レジの前に立って、じっと見てみてください。
 こんなものを買ってしまった。これは今日買わなくてもいい。これは必要でない。
 と思う商品がいくつかあるでしょう。レジに行く前に確認してみてくださいね。

2. 財布からお金を出すことに抵抗がない。

 これは、以前にも書きましたが、お金を出すときに、
 「これはWant なのか、Needなのか」をよく考えることです。
 お金を出すときには、ちょっと考えましょう。
 そして、買い物するときも、財布を持ちながら店に入らないで、
 財布は、店員さんに金額を言われてからでも遅くありません。

3. お金をしまうところが複数ある。

 財布を2つも3つも持っている人がいますが、これは、管理はしにくいと思います。
 「管理をしていないものは所有にあらず」です。
 財布は一つにして、ほかの財布をお持ちならば、その財布は空にしておくくらいでいいでしょう。
 中には、お釣りをカバンの中に放り投げる人もいます。お金がいろんなところに分散していると、
 どうしても、「その変にあるだろう」などと思ってしまいますから。財布は一つで十分です。

4. 人づきあいがいい。

 自分の意思をしっかり持つことです。あまり行きたくない飲み会や、ランチ。
 自分はその辺の蕎麦屋かパンくらいで終わりにしたいのに、
 付き合いで1,000円や1,500円のランチに行ってしまうことはないでしょうか?
 たまにはいいでしょうが、そこまでお付き合いすることはありません。
 そんなことで会社の同僚との関係が悪くなるということはないはずです。
 たとえ、あったとしても、その人とはそこまでのことです。
 案外、それで家計を壊してしまう人が多いですよね。

5. 貯める目標がない。

 目標を作る。単純ですが、お金を貯めるのに目標があるはずです。
 欲しいものがあるならば、目先の欲望は我慢することができるでしょう。
 具体的な欲しいものがなければ、100万円貯める、という目標でも構いません。
 所詮、お金は使うためにあるのですが、
 ある程度の貯金額を貯めることは、自分の人生においてを大切なことです。
 病気や、転職、引っ越しなど、急な出来事に必要なお金。
 貯金金額を目標することは良いことだと思います。

以上5つのことを気をつければ、黒字になるはずです。
それでもならないならば、収入に問題があるでしょう。

本当に浪費してしまうならば、強制的に給料日に「天引き」してしまうことです。
給料の一部を別のところに移してしまうことです。
積み上げ
代表的なのが、銀行の自動積立定期です。
慣れてくれば、投資信託などもいいと思いますが、それをはじけるには勉強が必要です。
収入の2-3割は頑張ってみてはいかがでしょうか?

では、また。

楽天銀行

マイナンバー管理アドバイザー特別講習会https://online.lec-jp.com/shop/goods/100045297