幸せなお金持ちになろう!

お金の考え方を追求して、より良い人生を構築するための有益情報を、発信しています。

お金持ちの家の共通点

こんにちは! クラです。
いつもありがとうございます。
以前銀行員だったので、お金持ちのうちに行く経験が結構ありました。
また、現在の商売柄、たまに多重債務者の家に行くことがあります。
それぞれの印象を書きます。

これは、あくまで個人的印象なので、その旨ご了承ください。

物が少ない家

f:id:clakuni:20200506112920j:plain
これはお金持ちに大体当てはまります。自宅が結構広めということもありますが、
それにしても物が少ないです。
これは、訪問する方も、気持ちがいいですし、何よりもその本人の気持ちも整理されているのだと思います。
私の通っていた大学の経営学の教授は、
「管理できないものは所有にあらず」と言っていました。

ほとんどすべてのものは、自分で管理できているように思います。
ほとんど使わないものは、見えないところに置いているのか、捨ててしまっているのかわかりませんが、
とにかく必要最低限の物しかなかったようです。

庭や玄関周りもなんか、スキッとしています。
あと、掃除も行き届いています。
これは、見習うものだと思います。

物が多い家

f:id:clakuni:20200506113456p:plain
これは、お金持ちの家でもいくつかあります。ただ、それぞれのものが整理されています。
目に見えて様々なものがありますが、整然と並んでいる印象があります。
一方、多重債務者の家は、玄関から違います。
靴もそろえて脱いでいないですし、床の隅にも埃が溜まっています。
テーブルの上にもいろんな必要のなさそうなものが置いてあり、掃除もされていないようです。
ボールパン一つ探すにも数分かかる家もありました。
ただ、ご自身は化粧をしたり、髪を染めたりしていていて、
私から言わせると、「それにかかったお金はもう少し違うところに使えなかったか」と言いそうになります。
これは何度も言いますが、個人的な感想です。

目に見えるものが整理されていないと、そこにいる人間の気持ちも整理されていなくなり、
おのずとお金の管理も大雑把になると思います。

まとめ

よくよく考えると
これは、収入の多い少ないにはあまり関係ないように思います。
お金持ちの家が物が少なく、貧乏の家が物が多いとは一概には言えません。
ただ、目に見えるところにあるものが、自分なりに整理されていれば、
結局は、買い物も必要なものだけ買うようになるでしょう。
欲しいものがないと、余分に買い物をすることになるのですから。
冷蔵庫の中や戸棚の中などの管理ができていないと、無駄な買い物をする、
すなわち、無駄なお金を使うということになります。

目に見える物がきちんと整理していれば、
そのものに愛着も沸き、新しく買い物をすることも少なくなるでしょう。

私の偏見のところもあると思いますが、
物の管理は、お金の管理にも共通するとても大切な要素だと思っています。

では、また。