幸せなお金持ちになろう!

お金の考え方を追求して、より良い人生を構築するための有益情報を、発信しています。

良い借金と悪い借金について

こんにちは、クラです。

今回は、「よい借金と悪い借金」についてです。

そもそも、借金ってお金を借りること。

お金によって、自分のしたいこと、しなければならないこと、したくないことをしてもらうことなんかができるようになるもの。

それをお金で買う。それをお金を借りることで行うこと。

たとえ、お金があってもなくっても。

そのお金を借りるのに、良いも悪いもあるのか、と思うかもしれません。

私は、まさにお金を借りる時に、ぜひ、考えていただきたいことがあります。

それは、

返せるか?ということよりも、

それが自分にとって必要かどうか。本当に必要かどうかだと思います。

当然、返せない借金はするべきでないです。

生活費が、本当に明日の、いや、今日の生活が困ってお金を借りることは別にして、

このところ、簡単にカードなどでの、キャッシングやカードローンなどで借入する人が増えているからこそ、

今、立ち止まるべきかと思います。

最近は、銀行まで出向いて借りるのではなく、オンラインで、手軽に事業性の借金さえもできるような時代です。

だからこそ、今、借りようとしている借金が、

自分にとって、良い借金か悪い借金かを考えてからお金を借りて欲しいなと思います。


では、まず、悪い借金とは。

それは計画性を持たずに、ただ借りること。

あ、お金がない。借りよってやつ。

何となく借りて、何となく返していっても、その借金は自分のためにはならないと思います。

その理由は、大抵の場合、借金がクセとなり、返すことが困難となります。

人は、生活レベルを上げてしまうと、それを戻すことはとても難しくなります。

そうすると、借りた会社等からの督促が来ます。


とても厄介です。


精神的にもダメージが来るし、

ほとんどの場合は、給料の差し押さえ、預金の差し押さえが来ます。

会社や家庭に迷惑が掛かります。

自己破産をしても、そのダメージは計り知れません。

命さえも奪うことになります。

法律では、債権債務とはとても強制力のある、強い権利と義務です。



良い借金とは。

それは、自分の生活を豊かにしたり、自分の身になる借金です。

計画を立てて、自分への投資や心を豊かにする借金。

これは良い借金です。

万一、返せなくなっても、早めに、貸し手や専門家(弁護士、司法書士等)に相談すればよい話で。

ただ、きちんと目的をもって借りた借金は、対手の場合は返済できますし、

利息を含む金額以上の効果は得られると思いますね。

偏見かもしれませんが。


では、また。

「たまる仕組み」を作ろう

こんにちは。クラです。

貯まる仕組みをどう作るの?

基本は、生活口座に多くの金額を置いておかないこと。

給料やバイト代に入るお金は、皆さんはATM等で見るでしょう。

今日は○○円引き出そうと思って、はい、引き出しました。

最後に、引き出し後の残高を見ますよね。

はい、「まだ10万円あるから」と安心します。

それはいかがなものかと。

生活口座に置きっぱなしだと、
生活費tお一緒に引き出して財布の中に入れてしまいます。

それを防ぐためには、
給料、バイト料から毎月一定額を強制的に引き出す。

すなわち、先取り貯蓄

勤務先の貯蓄制度や、積み立て定期に振りける。
使う前に貯めてしまうので誰でも無理なく貯蓄ができます。
毎月の生活費は、残ったお金の中でやりくりする。

給料日の前の日に、もし、いくらかでも余ったら、
そのまま口座に入れて置かzぅ、貯める用の口座を一つ作って貯めておく。
以前も書きましたが、お金を分けると使いづらくなりますね。
毎月のちょっとした作業。
給料日前の作業が、やがて大きな資産になります。
コツコツ貯めることが結局早道です。

では、また。

お金持ちのひと

こんにちは、クラです。

お金持ちな人。そのままお金を持ったまま、使い切れなくて死んでく人がいるのかな。
自分の稼いだお金を使いきらずに死んでく人。

子供や、家族に引き継ぐ(相続する)人がいれば話は別だが、

今後も孤独でいる人はどうするか。

赤十字NPO。社会貢献として寄付するのもいいが、それだけでいいか。

所謂、1億円以下の資産の小金持ちといわれるかたは、生活は比較的質素で、倹約家。すでにお金の使い方についても、

節約しつつ使っている。

それにまじめだ。

そのような小金持ちは、

毎月の収入より支出のほうが余る傾向がある。(老後になれば少し別なケースもあるが)

お金の使い方。

・メリハリを持った使い方をする。買う時はドカンと。買うものには吟味をして、迷ったら買わない。(=お金を使わない)
・余ったら、別の口座に移す。(一か所に置いておくと、なくなるまで使う傾向がる・・・まだこれだけあるから、と考えるから)
・月の収入(給料日)が入ったら、前月までの残金は別のところ(口座)に振り替える。(収入ー積み立てー支出=貯金 この貯金を別の口座に移す。余ったらね)

この基本を習慣付けていっている人は、間違いなく、お金が貯まる。増える。継続的に。

では、また。

幸せなお金持ちってどういうこと?

こんにちは!クラです。

幸せなお金持ちってどう言うことでしょうか?

このブログのタイトルをつける時、お金持ちだけでなく、「幸せな」をつけたのは?
改めて考えてみます。

単なる、お金持ち、はお金をたくさん持っていることです。
では、どのくらい持っていればたくさんなのでしょうか。

100万円か、1000万円か、1億、いやいや10億だ・・・ときりがない。

逆に、お金を持っていなくても、幸せな人もいる。

生活に困らないお金さえあればいいということでしょうか。

お金がなくても、生活ができていれば、それが「幸せ」であればそれでいい。

話外れたが、幸せなお金持ちは、

「自分のやりたいことが、お金のことを考えずにできる人」ではないだろうか。

だから、自分がやりたいことが明確で、それに対するお金がある人、そのお金を使える人が、

「幸せなお金持ち」だと思っている。

嫌な仕事をしてお金を稼いで、お金はどんどんたまって、結局、ほとんどお金を残して死んでいくことは悲しいことだ。

自分には、子供がいない。だから、次の親族に残すことはあまり考えていない。

もし、この世の中にいるあいだに、自分の持っているお金を使いきれない場合は(そんなことあるかな、どんだけ持ってるの(笑))、

死ぬ前に自分はどう思うのだろうか。

そうならないように、貯めたお金は、使い切ろうと思っている。

もし、本当に残ったら、どこかの施設や、赤十字ユニセフとかに寄付をしようとも思う。

日々、健康で、そして笑顔のある生活を過ごしたい。
f:id:clakuni:20200320145446p:plain

この人を解放できないか考える

こんにちは!クラです。

今回は、ある50代前半の女性の話です。
この方は10年以上前に何かしらに事情で債務を抱えて、いまだに返済ができずにいる方です。
この方(Aさんと言います)は、義母の介護を5年以上続けており、働くことは時間的に非常に困難です。
夫は会社員をしているようですが、その夫も債務をかなり抱えているらしく、
自分の収入は自ら「管理」しており、Aさんが使うお金は、1円単位で夫に管理されています。
すべてレシートと引き換えで夫からお金をもらうスタイルです。

Aさんに債務がなければ、よくある介護に従事している家庭の主婦ですが、
Aさんは、自分の債務を夫には内緒の状態でいます。
すでに、クレジット会社からの請求から、債権回収会社からの連絡に悩まされており、
返そうにもお金を返せない。仕事をしようにもできない。
Aさんは、すでに意気消沈をしており、債務は膨らむばかり。

夫にも相談できず、返済の督促に悩まされている。

頻繁に督促の連絡が来る状況。さらに長期化する介護の重労働。

夫も多重債務であり、家計はギリギリの状態が続いている。

この人生、この生活状態からどのようにしえ抜け出し、人間らしい生活ができるようにするのか。
国や役所からの援助は受けているのか。
せめてこんな悩みを聞いてくれる人がいれば少しは楽になるのだが。

この人を解放させるにはどうすればいいのでしょうか?・・・

なにかご意見あればお待ちしております。

では、また。
f:id:clakuni:20200413181734j:plain

お金は使うもの

いつもありがとうございます。クラです。

幸せなお金持ちは、生活に十分なお金を持っているだけでなく、

お金を上手に使います。

例えば、

衝動的に欲しいと思ったものを手当たり次第買ってしまって、

翌朝それを見ると、

「なんでこんなものを買ってしまったのだろう」と思ってしまうことありませんでしたか?

私は、欲しいものは結構何日、いや、何か月、場合によっては、何年も待つことがあります。

昨年、温かそうなスリッパをみて買おうと思っていたけれど、いまだに買っていません。

この時期に売り場の前でウロウロしたりして。

まあ、通販で買おうと思ったら、まず、カートに入れて、しばらく寝かせますね。

ある日、通販のサイトのカートを見て、なんでこんなものをカートに入れたのだろうと思います。

欲しいと思っても、しばらくガンマンして考える。

また、本当に欲しいと思っていて、狙っていたものが、本当に必要でよいものであると思ったら、サッと買うことができます。

欲しいものは、思い続けて、検討して、迷って、いざという時に、サッと買う。

こんな感じでモノを買います。

こんな生活をしていると、自分の生活のレベルというか、質が研ぎ澄まされて行き、あまりお金を使わなくなります。

そうすると、お金は貯まります。

でも、それではせっかく貯めたお金は、そう使わないままに一生を終えてしまうことにもなりかねません。

自分で貯めたお金は死ぬ前に、生きている間に使い切りたい。

自分には子供がいないから、いや、いたとしても、自分で貯めた分は使い切りたい。でも、節約が身に着いた自分にとっては使い切れない。

このジレンマ、どうしたらいいのだろう。

また、使うとお金が減る。減っても生活に困らない程度の資金はあるのに、

お金が減ると、心配になる。不安になる。

もし、高齢まで生きていて、90歳以上になって、預金が100万円を切ったりすると、これは不安になるだろう。

減らさず不自由なくお金を使って、しかも減らさないようにするには、

どうすればいいのでしょうね。

どなたか教えてください。

では、また。

資産運用について

こんにちは!

いつもありがとうございます。クラです。

今日は資産運用について少し書きます。

皆さんは、ご自身のお金をどのように管理してますか?

まさか、タンスの中にお金をしまっていたり、金庫に保管している人は少ないでしょう。

ふつうは、銀行や郵便局に預けたり、

定期預金や株式、投資信託で運用している方もいるでしょう。

資産を運用することは、リスクが伴います。

増えることもあれば、減ることもあるのです。

なので、リスクのある所に移すときには、生活に直接影響のない程度の、

「余裕資金」で運用することが望ましいでしょう。

基本は、以前から私が書いているように、天引きの積み立てをすることが、

ある意味、資産形成の基本であり、王道なのは間違えないのですが、

少しまとまったお金が入ってきたとき、

例えば、ボーナスや、退職金、相続などは、一部をリスクのあるところに移すチャンスだと思った方がいいと思います。

繰り返しますが、余裕資金での運用で、リスクをとる経験をすることはとても重要です。

株式などを購入して、相場がたまたま上がって、株価が上がって資産が増えればうれしいですが、

逆に、相場が下がって、株価が下がるときには、運用の初心者は慌てたり落ち込んだりすることがあります。

その訓練、というか、

下がったときの「免疫力」をつけておくことが資産運用を続けていくうえで大切です。

相場が下がったから、「すぐ売ろう」と考えて次の相場上昇のチャンスを逃すことがあります。

より株価が下落することを避けるためには、いわゆる損切もひつようではありますが。

相場について、自分なりのルールを考えて、一つ一つのシーンを経験していることは、とても大切だと思います。

私も、最初に株を買っときは、日々の株価がとても気になって、仕事中や昼休みに株価の確認をして、一喜一憂したこともありますし、

商品先物をして、大きく損をした経験など、数々あります。

何でもそうですが、いくつもの失敗を重ねて、自分なりに成長していくことが大事です。

資産運用にこだわらず、まずは、試しに少し経験をしてみて、自分に合った無理のない資産運用をしていただきたいです。

そのためには、経験と勉強だと思います。

新聞や情報誌、ネットなどを見て、資産運用に興味をもって、徐々に自分のスタイルを確立していくことが良いのではないかと思います。

では、また。

すぐやるメリットとは

こんにちは!クラです。
いつもありがとうございます。

仕事から帰ってきて、
はあ、疲れた…と思って、
ポストに入っていた手紙をテーブルの上に置く。

夕飯にしよう、と思い、準備に取り掛かる。

毎日の生活の中で、すぐやるということは難しいですよね。

疲れて帰ってきて、様々な身の回りのことをすぐやるには、おっくうになるのはよくわかります。

でも、いずれやること。やらなければならないこと。

これは、まず、3日でいいから続けてみましょう。

まず、
1.財布の中からレシートを出して今日の出費を確認する。
2.手紙の封をすべて開けて、不必要なものはすぐ捨てる。必要なものがあれば必ず読む。
3.請求書は確認してすぐ払う。

このくらいは本に10分程度でできると思います。

なんでも、「すぐやる」ことで、次のステップに移れるようになります。

まずは、今日から3日間、続けていきましょう。

きっと、その後には、新しいステップを踏むことができるでしょう。

では、また。
www.clakuni.com
www.clakuni.com

お金持ちの口癖。これであなたも強運になる。

こんにちは!クラです。
いつもありがとうございます。

あなたはう運がいいと思っていますか?

富豪の方は、自分は運がいいと思っています。

「自分は運がいい」と口癖のようにいっているお金持ちはたくさんいます。
テレビを観ていて、有名な俳優や成功している経営者などの話を聞いてもこの言葉はよく聞きます。
どんな時でも、自分は運がいいと楽観視する。

はたから見れば極端なまでのプラス思考。幸せ者だと思うほどです。

自分は運が悪かったけれでも成功した、またはお金持ちになったという人はあまり聞きません。

お金持ちだから運がいいと思われがちですが、
彼らは、仮に悪いことが起こった時でも運がいいと思うのです。

最近は、コロナの影響によるオリンピックの延期でアスリートのインタビューを聞くことがありますが、
その回答は、
これをいい機会と捉えて頑張る、と言っています。
多分、言った本人は最初からそう思ったということはないでしょう。

でも、

気持ちを切り替える思考が彼らには出来上がっているのです。
幸せなお金持ちは、マイナス思考になる脳のブレーキを外しています。

自分は運がいいと、口にするのです。

あなたも、自分は運がいいと口にし続けましょう。

そうすれば、普通の人が立ち止まってしまう状況でも、一歩住みだせると思いますよ。

では、また。
f:id:clakuni:20200331185947j:plain
www.clakuni.com

自分へのご褒美はしないお金持ち

こんにちは!クラです。いつもありがとうございます。

自分へのご褒美、していますか?

「今日はよく頑張った」と思うとき、欲しかったブランドものを買おう、と言う人はいるでしょう。確かに、今までの努力の証しとして自分の気分もよくなるでしょう。

でも、残念ですが、幸せなお金持ちからはそのようなことはあまり聞かないようです。

なぜならば、お金の使い方が、未来ではなく、過去に向いているからです。

確かに...

自分にご褒美をあげたらそこで満足してしまい、そこからの成長が止まってしまうと言うのです。

しかも、彼らは努力やチャレンジする過程が楽しいことなので、それ以上のご褒美を必要としないのです。

ご褒美があるから頑張れるじゃないか、と言う人もいらっしゃるでしょうが、それは欲しいものを買うための言い訳、こじつけであり、そのあとに何の効果もないことは自分の過去を省みれば分かることでしょう。
まずは、努力することが楽しみにならないといけないのでしょう。

個人的には、たまには自分へのご褒美も言いかと思います。あまり高価なものでなければ😄

では、また。