幸せなお金持ちになろう!

お金の考え方を追求して、より良い人生を構築するための有益情報を、発信しています。

給料が口座に入ったらやること

こんにちは!クラです。

いつもありがとうございます。

今日は給料日!という方。

口座にはいくら入っていますか?


結構残っていますか?

「ギリギリ間に合った(汗)」

総合口座の定期預金にしてあるので、マイナスだったけど、給料でプラスになった」 など。

悲喜こもごもの入金でしょう。…

しっかり貯金をしていこうという人は、

普通預金に残金が放置されていることで、口座残高を確認をしている人もいるかもしれませんが、

それだとどうしても、残金があることに安心してしまい、

ついつい、使ってしまうことがあります。

これは注意ですね。

そこで、

私がいつも行っていることは、

給料日には、給料の金額だけを入れておくことです。

給料日の前までの残金は、別の口座に振り替えてしまうのです。

そうすると、給料日は、あなたの毎月の給料の金額しかありません。

これで1か月生活するのだ。そして貯金もしていこう!

と思うのです。

リセット感覚を毎月習慣付けます。

なので、口座は、同じ銀行に2つ作ることをお勧めします。
いつもの口座は生活口座で通常の公共料金や引き落とし専用口座として、
もう一つは、貯金用の口座にします。

たとえ数千円の残りでも、

1円単位で振り替えます。

ちなみに銀行内の振替手数料はかかりません。

お金を貯めるには、分けること。

分けて管理することが大切です。

もう一つの貯金用の口座は、まさに余裕資金となります。

余裕資金をきちんと見える化することは、金銭感覚を養なわれます。

少しずつでも貯まると、気持ちも余裕が出てきますので、

万一の時、例えば、急な出費や帰省、転職、どうしても必要なことをするために、すぐに引き出せますよね。

今の時代、今回の事象もそうですが、今後どうなるかは誰にもわかりません。

保険に入る人もいますが、一番単純で安心感があることは、

1か月の給料の残り(倹約の塊)を別口座に移すことですよ。

最初は面倒かもしれませんが、

習慣にしてしまえば、1分もかかりませんよね?

それに、毎月、貯金用の口座の残金を確認できるので、貯まる楽しみもあるかもしれません。

そうなれば、シメたものなのですが。

毎月の継続が力になります!

ぜひ、お試しください。

では、また。
f:id:clakuni:20200319175004j:plain